心に潤いを得ましたよーだ

足早に季節が過ぎて行き、湿気の多くなってくる季節は何か心に刺激が少ないと思いがちです。
勤めから家に帰ると、2つ目のお仕事、家事が始まります。
よく子どもには、考えたり、人の気持ちがよくわかるようになるから本を読みなさいね、といっているものの、自分自身できないのが常。

子どものためにいい本を探そうともしない、のはよくないことです。
そんな中、素敵なことがありました。
以前から親切にしてくださっている職場の女性の方から、お勧めの本を紹介してもらいました。

出産のとき、いろいろ相談に乗ってもらったり、産着をいただいたこともある親切な人です。私はそのとき、お礼にお子さん用に絵本を贈ったりしました。
その方と先日ばったり、コピー機のところで会いました。

部が違うので、日中、お話しする機会もあまりないのですが、気にかけていただいたようです。その人の知人の方から、最近いい絵本が出た、というお知らせがあったそうです。
ぜひ私にも紹介したいと思っていらしゃった矢先、ばったり会うことができたのです。

本のISBNをわざわざメモで渡してくださいました。
家に帰ってから検索してみると、薄い絵本ですが、海外の童話作家の名作を優しいタッチのイラストで仕上げた本でした。心にしっとりとする絵本なので、早速読み聞かせをしようと思います。

心に潤いのある人に声をかけていただいて、親子ともどもしっとりしています。

Category: 全ジャンル
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.